会社沿革

会社沿革

株式会社テイク松定社歴概要

文政四年、高麗郡広瀬村(現狭山市内)に生まれた初代 松村定兵衛は、時の豪商 黒須喜兵衛商店へ奉公、

やがて暖簾分けされ同じ川越で小さな雑貨商を始めた。

文政4年
(1821)
松定創業者松村定兵衛広瀬村(現狭山市)に生れる
(創 業)
明治5年
(1872)
当地にて日用雑貨商を営む
(1879)度器販売免許取得
(1893)衡器の販売免許取得、店蔵店舗を新築
(1903)日用雑貨物・衣類・小間物商品販売部門と度量衡販売部門とを分け営業を続ける
大正13年
(1924)
店舗大改造、洋品及び衣料品、旗等の販売部門を拡張する
昭和21年
(1946)
洋品及び衣料品及び雑貨品等の販売を廃止
(1948)度量衡の販売を専業とする
(1953)測量機・気象観測器の販売
(1957)松定度量衡店改め有限会社松定ハカリ店設立
(1966)設計製図関連用品及び文具品の販売
(1968)試験機各種取り扱い・販売
(1971)現在地(仲町3-16)鉄筋3階建本社ビル新築衡器及び事務機ショールーム新設
(1983)産業用大型計量器・コンピュータシステム
スケール他特殊スケール・オフコン他
各種OA機器の販売業務を開始する
(1984)富士ゼロックス埼玉『旧埼玉ゼロックス』と特約店契約を埼玉県第1号店の契約を結ぶ
平成2年 (1990) 店舗小売部門を分離し、営業を主とする販売会社
株式会社テイク松定を有限会社松定内に設立する(資本金1,000万円)
(1991)株式会社テイク松定は、市内上寺山408-5に新社屋を建設し移転。営業活動を開始する
(1993)計量器修理業務資格(質量計Ⅰ・Ⅱ種)を取得する
(1999) 有限会社松定と株式会社テイク松定の合併(資本金15,000万円)
松村恒夫社長黄綬褒章受章
(2000)社長を退任し会長に就任松村卓社長に就任する
(2001)小売部店舗改装する
業務内容及び区分は、従来通り現在に至る
(2003)川越市が中核市になったため、川越市計量検査所に分銅校正用計量器・分銅一式を納入する
(2008)トラックスケール等産業用大型計量器の
代行検査業務を開始する
金属検知機・X線異物検査機の販売を開始する